事業案内

福祉居宅支援事業

~セイフティハウス~

「社会的自立は住まいの確保から」を念頭に、障害者や独居高齢者・DV被害者(配偶者からの暴力)など、住まいの確保が困難な方々に対し、地元の大家さんや不動産管理会社・関係機関の方々のご協力のもと、ライフサポーター(巡回スタッフ)による相談支援や見守りによる「福祉居宅」のご提供を行ってまいります。

 


共同生活援助

~グループホーム~

障害者総合支援法に基づいた尊厳を大切にし、自立した生活や社会生活が営めるように、世話人による個々人に応じた生活環境の創造や、地域特性・心身状態に応じたサービスをご提供し、社会参加が図れるように積極的に取り組んでおります。

 

詳細はグループホームのページをご確認下さい。


利用条件

○ご本人・ご家族が福祉居宅支援事業及び共同生活援助事業の目的をご理解頂き、利用契約内容が厳守できる方。

 

○健康管理に留意し、定期的な受診や服薬が守られる方。

 

○ライフサポーターや世話人の支援に応じられる方。

 

○相談支援事業所・関係機関等から、適切な援助を受入れできる方。

 

 


入居までのながれ

 

1,本部へのお問い合わせから「入居相談シート(PDF)によるお申し込み。

 

2,スタッフによる面談・事業説明など。

 

3,理事長面談・入居可否の審査。

 

4,施設・居宅見学の実施

 

5,利用契約の締結

 


利用料金

 

[初期費用]

グループホーム

敷金:3ヶ月分及び途中入居の場合は日割り計算

火災保険料:2年で20,000円(2年以内退去の場合は返金なし)

 

セイフティハウス

敷金:50,000円 礼金:150,000円

途中入居の場合は日割り計算

火災保険料:2年で20,000円(2年以内退去の場合は返金なし)

 

[月額利用料]

グループホーム

40,000円+共有費5,000円

 

セイフティハウス

50,000円~

月巡回(見守り)料:5,000円(週1回)

サービス利用料:5,000円を含む。

 

*サービス利用料:セイフティハウスサービス(日常の対応、関連機関連絡等)

*食費・水道光熱費は各自負担

*毎月20日頃利用料請求書を郵送いたします。原則自動引き落としになります。